4章 就農に向けて はじめの一歩

貸し菜園・シェア畑

投稿日:2018年9月27日 更新日:

私がやっている菜園生活風来は自称・日本一小さい農家です。

こういったブログを書いているのも農への敷居を下げたいからこそ。

私は農家になって価値観が大きく変わりました。農作業には農産物を育てて食べる以上に色々教えてもらえることがあります。

土をさわることは日本人のDNAにうったえるものがあります。

ただ都会、また街中で畑を個人で探すのはかなりハードルが高いですよね。また栽培技術もない場合、何からそろえればいいのか・・と悩みますよね

そういった方にピッタリのサービスをみつけましt。それがシェア畑です。

色々調べて、話をきいて実際に農家をしている私も納得したのがシェア畑です。無料見学会などもありますので気軽に行ってみてはいかがでしょう。

農を生活に取り入れると人生が変わります。


シェア畑の特徴

 

一番のオススメは無農薬栽培だということ

 

はじめての方も安心・サポートがしっかりしています



 

-4章 就農に向けて はじめの一歩


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

就農支援制度

友人の農家Fさんは米と野菜と花を栽培しています。お米と野菜は無農薬栽培なのですが、花はどうしても農薬を使わざるをえないと農薬を使っています。 そんなFさん「最初から農薬という手段があると、花が病害虫に …

六次産業化③

目次1 ビジネスモデルを作る2 一次情報の強み3 農家の最大の付加価値 ビジネスモデルを作る 以前講演を頼まれた時、その中で「自給率を上げるためのビジネスモデル」を作ってみましょうというワークショップ …

六次産業化②

農商工連携も六次産業化も目的は農家の所得アップ。これを明確にしないと言葉の持つイメージの型にはまってしまいます。 農産物を加工して販売する。そこに国の支援があれば売上は上がるでしょう・・ ただここで考 …

就農への心構え1

 私が生まれ育ったのは石川県能美市というところです。小さい頃はTVのチャンネルも少ないし(当時は民放が2ch)何もないところだな~と思ってました。  そんな地元を18歳の時に離れ、帰ってきたのが29歳 …

視察後に伸びる人

目次1 産地でないからこそ2 自信がつく視察3 視察前と視察後4 ご縁のはじまり 産地でないからこそ 風来には特に秋から春にかけて多くの視察・講演依頼をいただいています。 以前は加賀温泉郷がメインの目 …

管理人 源さん

詳しいプロフィールはこちら

風来(since2000年4月)は30aの畑と小さなハウス4棟という自他供に認める「日本一小さい専業農家」です。野菜は足音を聞いて育ちます。目の届く範囲だからこそこだわれることがあります。

自著に「小さい農業で稼ぐコツ」(農文協)、「農で1200万円!」(ダイヤモンド社)あり

お問い合わせ