シェア畑

本当の食育 以前に「食育・情報交換会」というのは金沢でありパネラーとして参加させていただきました。その中でこういった会話になりました。 「食べ物一つにしても何かを丹念に手にかけて作るという、育む原理と …

六次産業化③

ビジネスモデルを作る 以前講演を頼まれた時、その中で「自給率を上げるためのビジネスモデル」を作ってみましょうというワークショップをしました。 参加していたのは農業と関係のない人ばかり、5人ひと組で5分 …

六次産業化②

農商工連携も六次産業化も目的は農家の所得アップ。これを明確にしないと言葉の持つイメージの型にはまってしまいます。 農産物を加工して販売する。そこに国の支援があれば売上は上がるでしょう・・ ただここで考 …

六次産業化①

六次産業化 六次産業化という言葉も当たり前になってきました。風来への視察も六次産業化を目指す人が多いです。そんな六次産業化に関して、あらためて色々と思うことがあります。 そもそも六次産業化とは農林水産 …

就農支援制度

友人の農家Fさんは米と野菜と花を栽培しています。お米と野菜は無農薬栽培なのですが、花はどうしても農薬を使わざるをえないと農薬を使っています。 そんなFさん「最初から農薬という手段があると、花が病害虫に …

農と農業

趣味とプロ 好きなことを仕事にする。嬉しいことですが、これはこれで大変ですよね。料理なんかそうですが、趣味の料理なら好きな材料を使うだけ使えます。でもプロとなると採算のことも考えなければならないし、そ …

小さく就農

  あなたの強みは? 風来は自他共に認める日本一小さい農家。 耕作面積30アール、通常の野菜農家さんで最低3ヘクタール、(100アールで1ヘクタール)大体5~10ヘクタールですので面積的には …

就農への心構え1

 私が生まれ育ったのは石川県能美市というところです。小さい頃はTVのチャンネルも少ないし(当時は民放が2ch)何もないところだな~と思ってました。  そんな地元を18歳の時に離れ、帰ってきたのが29歳 …

ミニマム主義でいこう

人は歌い踊るために生まれてきた この南米アマゾンの原住民に伝わる言葉を初めて聞いたのはサラリーマン時代。その時は「何を悠長なことを・・」と思ったものです。 しかしミニマム主義を実践して10年。今はこの …

管理人 源さん

詳しいプロフィールはこちら

風来(since2000年4月)は30aの畑と小さなハウス4棟という自他供に認める「日本一小さい専業農家」です。野菜は足音を聞いて育ちます。目の届く範囲だからこそこだわれることがあります。

自著に「小さい農業で稼ぐコツ」(農文協)、「農で1200万円!」(ダイヤモンド社)あり

お問い合わせ