4章 就農に向けて はじめの一歩

六次産業化②

投稿日:2018年9月19日 更新日:

農商工連携も六次産業化も目的は農家の所得アップ。これを明確にしないと言葉の持つイメージの型にはまってしまいます。

農産物を加工して販売する。そこに国の支援があれば売上は上がるでしょう・・

ただここで考えなければならないのは売上アップと収入アップは決して同じではないということです。

「半値八掛け」という言葉もありますが、せっかく苦労して加工しても買い叩かれてしまうと意味がありません。意味がないどころかマイナスになることもあります。

そしてこれからの増税時代、消費税など売上に直接かかる税も増えてくると売上が上がったからといってウカウカしておられません。実際に今でも消費税を払えず倒産している零細企業が沢山あります。

大切なのは手元に残ること。

話は少し変わりますが、我が風来は日本一小さい農家。売上金額も大規模農家さんと比べると本当にたいしたことありません。でも資産という意味では全国の農家さんの中でもいいところにいっているのではないかと思っています。

ここで言う資産というのは、今日この時点で決算した場合に手持ちの商品、財産を現時点での価値を試算してそこから借金(借入金)を引いた額ということです。

大きくなればなるほど借入金が多いのが今の農家さん。今の日本の農業体制ではほとんどの農家さんが大きな借入金(借金)をもってます。

ただもちろん月々の給料という意味では私なんぞ全然かないません(^_^ゞ。それはフローしているお金が大きいからです。これは農業に限りませんが今の経済は流れている、その上澄みをもらっているということではないでしょうか。

そういった意味では流れる金額が多ければ多いほどその場、その場での収入は多くなるでしょう。ただし一旦その流れが止まってしまった時、その時点で継続できなくなってしまいます。

自然相手の農には本来とてもリスクが高いもの。大きくなりすぎると身動き出来なくなってしまいます。

風来は借金がありません。なのでもし何かあってもフットワーク軽くいくことが出来ます。それこそ震災か何かがあったとしてもすぐに動くことが出来ます。

何も考えずに六次産業化の波にのってしまうとそれこそ身動きが出来なくなってしまいます。ある意味農政もそれを助長させているとも言えます。

売り上げではなく、収入を増やす六次産業化。それこそ継続していくのに大切なことだと思います。

-4章 就農に向けて はじめの一歩


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貸し菜園・シェア畑

私がやっている菜園生活風来は自称・日本一小さい農家です。 こういったブログを書いているのも農への敷居を下げたいからこそ。 私は農家になって価値観が大きく変わりました。農作業には農産物を育てて食べる以上 …

小さく就農

目次1 あなたの強みは?2 独立農家がやっていける条件3 環境の時代4 農と農業   あなたの強みは? 風来は自他共に認める日本一小さい農家。 耕作面積30アール、通常の野菜農家さんで最低3 …

六次産業化①

目次1 六次産業化2 PDCAはあるのか?3 本当の目的 六次産業化 六次産業化という言葉も当たり前になってきました。風来への視察も六次産業化を目指す人が多いです。そんな六次産業化に関して、あらためて …

資金の借り方いろいろ

研修時代、農家をやるには資金がかかると散々言われました。たしかにその研修先でもビニールハウスにトラクター、田植え機、コンバイン、ライスセンター、大型冷蔵庫にその他もろもろの機械なんて見ていると最初から …

就農にむけてはじめの一歩

農を仕事にするにも多様性が出てきた 農を仕事にするとなると以前は農家の跡を継ぐという形が圧倒的に多かったのですが、今は農業法人社員になるなど多様化してきました。それでも農業経験全くのゼロから独立農家に …

管理人 源さん

詳しいプロフィールはこちら

風来(since2000年4月)は30aの畑と小さなハウス4棟という自他供に認める「日本一小さい専業農家」です。野菜は足音を聞いて育ちます。目の届く範囲だからこそこだわれることがあります。

自著に「小さい農業で稼ぐコツ」(農文協)、「農で1200万円!」(ダイヤモンド社)あり

お問い合わせ